トップページ お客様の声 ショップ紹介 特定商取引法について カートを見る
こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__ カート:__ITM_CNT__ / __ITM_TOTAL__ あと __REMAINING_FREE_SHIPPING__送料無料
 

ツルムスメ(H29年北海道産大粒大豆2.8分上)1kg オススメ

黄大豆 つるのこに代る北海道産最高級大豆!

ツルムスメ(H29年北海道産大粒大豆2.8分上)1kg

価格:

945円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

かつては「つるのこ大豆」が味の点でも粒の大きさの点でも北海道産大豆の最高品でした。 皆様は「連作障害」という言葉を耳にしはたことがありますか?同じ作物を同じ場所で何年も連続して栽培するとその作物を好みとする病原菌が寄生してきて病気になりやすくなり衰えていってしまうことです。しかも大豆は畑の栄養を根こそぎ吸い取ってしまうためなおさら連作がききません。そこでよりよい大豆を作ってゆくには5〜10年というサイクルで品種を替えていかなければなりません。そこでつるのこに代わり生まれてきたのがこの「つるむすめ」です。
高品質を維持しながら病気になりにくく大量生産がきく「つるむすめ」は今や北海道産大豆の最高峰として名実共に君臨しています。甘みと表皮がやぶれにくい大粒の豆は純粋に煮豆に適しています。

よくお客様から日本の大豆は高価だけれどカナダやアメリカ大豆とどのような違いがあるのかというお問合せを受けます。日本の大豆は味噌、豆腐、納豆、醤油、油揚げ、ゆば、豆乳と名前を挙げればきりがないほど私たちの生活に深く溶け込んでいます。いわば大豆は「日本の食文化そのもの」です。
一方、北米では大豆と言えば油を絞り出す原料にすぎません。生産者はいかによく油を絞れるかということに重点を置いて大豆をつくってきました。こうした環境の違いが、高たんぱくの日本大豆、高脂肪の北米大豆が生まれてきた背景にあるようです。

その中にあって特に粒が大きくシワが寄りにくい「ツルムスメ」は色も明るく糖度も高いことから、加工用のとよまさりに対して特に当店では煮豆用の大豆として推奨しています。

ページトップへ